シミュレーション結果を正確に解析するためには、3次元可視化がたいへん強力な武器です。まず2次元での可視化データ解析、次に3次元の可視化に挑戦して、可視化を使ったデータ解析の有用性を体験してみましょう。また、最先端のスーパーコンピューターで利用されているグラフィック用GPGPUで高速計算法にも挑戦してみましょう。

■第3回社会人のためのシミュレーション・スクール 
The first announcement (PDFでの案内はこちら
The second announcement (PDFでの案内はこちら
 ■お聞きになりたい講義だけ「つまみ食い」的に受講できます。それも無料です。
 ■会場では、神戸大学のスタッフがテーラー相談室を開いています。いつでもご相談ください。

主催: 神戸大学, 兵庫県, 計算科学振興財団
参加費: 無料
日 時:平成23年3月1日(火)〜3日(木)

場 所:神戸大学システム情報学研究科演習室(自然科学3号館1階西)
登 録:KISS事務局 岡崎 (office□phobos.cs.kobe-u.ac.jp(□に@を入れてください。))に希望講義をメールしてください。


内容

1日(火) 可視化でシミュレーション結果の解析をやろう。
9:00 - 12:15            担当 : サイバネットシステム株式会社 宮地英生氏
1.可視化のためのデータ変換
(1)離散点の変換
(2)格子データの変換
(3)非構造データの変換
(4)FORTRANのバイナリ出力

13:30 - 16:45           担当 : サイバネットシステム株式会社 宮地英生氏
1.熱伝導計算結果の可視化
2.渦データの可視化
       

17:00-   テーラー相談室      担当 : 神戸大学 教員


2日(水) 自分でCAVE用ソフトを書いてみて、3次元表示に挑戦してみよう。
9:00 - 12:15            担当:JAMSTEC 川原慎太郎氏
1.CAVEソフトの作成法の説明
2.演習(熱伝導が渦データの3次元可視化)

13:30 - 16:45            担当:JAMSTEC 川原慎太郎氏
1.演習(神戸大学CAVEで表示)


17:00-   テーラー相談室     担当 : 神戸大学 教員


3日(木) GPGPUによる計算機シミュレーション
9:00 - 12:00             担当 : クロスアビリティ 古賀良太氏,古川祐貴氏
1.GPGPUハンズオンプログラミング演習
GPGPUの初心者向けに,CUDAによるプログラミングについて説明し,簡単な演習を行う.演習課題としては行列乗算プログラムを扱う.同計算のチューニングしてないC++とCUDAコード,sharedmemoryを活用したCUDAコード,sharedmemoryを活用し更にチューニングしたCUDAコード,cuBLASを用いたCUDAコードの5つのコードを書くことで,段階的に高速化を実現する.実習以外にOpenCLや並列計算用デバッガ,開発中のOpenMP/MPI/SSE/AVXとCUDAを併用した量子化学計算プログラムを紹介する.

13:30 - 14:15            担当 : 東京工業大学 岡元太郎氏
2.並列GPU計算による地震波伝播の差分法シミュレーション
地震波伝播シミュレーションは大きな記憶領域と演算能力が必要とされる問題であるため,高性能の計算手法開発は重要な課題となっている.本発表では,我々が開発したGPU版差分法プログラムについて紹介する.このプログラムでは時間領域の食い違い格子型差分法を採用している.これは,電磁界シミュレーションで利用されているFDTDとよく似たスキームである.発表内容として,次のような項目を予定している.
(1)差分法スキームの概要 (2) GPU計算でのメモリ利用法 (3) 並列GPU計算での領域分割方法 (4) 袖領域の処理 (5)通信と計算のオーバーラップ (6) 並列GPU計算での性能 (7) 計算結果の可視化

14:15 - 15:15            担当 : 大阪大学 伊野文彦氏
3.CUDAによる動的計画法の高速化
本講演では,NVIDIA社の統合開発環境CUDAを用いた応用の高速化について紹介する.応用の事例として,重みつきグラフに対する全点対最短経路長の計算,およびバイオインフォマティクス分野における配列アライメントを取り上げる.両者ともに動的計画法に基づく.前者は,Floyd-Warshall(FW)アルゴリズムのアクセスパターンが行列積のものと同様であることに着目し,高速な行列積ルーチンを基に,FW法を単一GPU上で並列処理する.後者は,Smith-Watermanアルゴリズムを用い,配列データベースとの相同性検索をGPUクラスタ上で並列処理する.

15:30-   テーラー相談室      担当 : 神戸大学 教員



問い合わせ先
〒657-8501
神戸市灘区六甲台町1-1
神戸大学大学院システム情報学研究科計算科学専攻
賀谷信幸