神戸大学ボランティア支援室

神戸大学ボランティア支援室 メディア掲載 スタッフコラム メールニュース登録 神戸大学ボランティア支援室Facebook 神戸大学学生ボランティア支援室 相談窓口:平日11:00〜18:00 〒657-8501 神戸市灘区鶴甲1-2-1 TEL:078-803-6256 FAX:078-803-6028 E-mail:hq-vol@lab.kobe-u.ac.jp
  • ボランティア支援室とは
  • イベント
  • 登録学生団体
  • アクセス
  • トップ

ボランティア講座

「ボランティア講座」は学生と協働してつくるボランティア講座です。テーマや実習先も一緒に考え、座学と実習、ふりかえりを行います。

6名の講師、パネリストをお招きした2014年度ボランティア講座の座学総論。

阪神・淡路大震災と掲げてはいるものの、講師・パネリストの方々のお話には、東日本大震災、丹波豪雨水害にも及び、それぞれの災害において、土地を追われたり、土地を離れる決断をした人、あるいは土地を離れられない人など、障害者、在日外国人女性、「外から来た人」などさまざまな状況が浮かび上がりました。

それぞれの場合で直面する状況は異なる一方で、問題が生じる背景には、「孤立」や「制度から包摂されていない人々」、障害者や在日外国人女性(妻)の「隠された人々」という共通する点があることも見えてきました。

また、それぞれの当事者同士や地域内部での「違いを認められない」ことによる人々の分断は、共通する問題としていろいろな話が出てきました。実際に直面すると笑えない実例を、笑い飛ばして紹介してもらい、会場は大いに盛り上がりました。

長年活動に関わっていたり、当事者としてボランティアに関わっている講師・パネリストのみなさんにとって、ボランティアという感覚はあまりなく、その人とつながる付き合いであること、そして、その付き合いもあまり関わりすぎるとしんどいよ、といっていたのが印象深いです。

最後のふりかえりでは、「ボラトキ新聞」を作成し、講座の内容を新聞にし掲示しました!

ボランティア講座

ページの上部へ