ホーム学会についてホームジャーナル入会方法ご意見・ご質問は現在作成中です関連リンクは現在作成中です
本文へジャンプ
学会活動、学会ホームページについてのお問い合わせは、下記の学会事務局までお願いします。
e-mail:
hitochromo@mgs.k.u-tokyo.ac.jp



 2013年度 第64回 染色体学会年会のお知らせ

更新日:2013年2月21日
 64回年会長 富山大学理工学研究部(理学)岩坪美兼
今年の年会は、富山市で開催させて頂くことになりました。富山市では過去2回(1956年と1972年)の開催記録があります。3回目の今年の開催は実に41年ぶりとなります。年会(一般講演、公開シンポジウム、市民公開講座、エクスカーション)では北陸・富山にちなんだ企画を予定しています。2日目にはご同伴の方を対象とした日帰りミニツアーも企画致しております。
晩秋の富山は、木々の紅葉がすすみ肌寒い日もありますが、立山連峰が、その雄姿を現す機会が多い季節です。北陸・富山での大会に皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

開催期間  平成2511月8日(金)~平成25年11月10日(日)
開催場所  富山市 富山大学五福キャンパス「黒田講堂」
        〒930-8555 富山市五福3190
    
 
学術講演・委員会等(予定)
11月8日(金)
エクスカーション
一般講演(口頭発表)、分科会
理事会、評議員会

  11月9日(土)
    一般講演(口頭発表、ポスター発表)
総会、学会賞受賞講演(未定)
招待講演:サステイナブル伝統薬を志向した薬用資源植物の多様性の解析
市民公開講演会:「富山の森林と河川の動物」
1. 積雪地富山県の森林動物―サル、クマ、シカ、イノシシの生態
             2. 遺伝子から探る富山県の野生動物の過去と今
編集委員会、写真撮影、懇親会
  11月10日(日)
   一般講演(口頭発表)
    公開シンポジウム:「生物多様性の保全と染色体研究Ⅱ―植物における倍数性進化」
1. スゲ属の多様性と染色体進化
2. 三倍体種の保全とその園芸的利用
3. 遺伝子資源としてのイネ科野生種とその育種利用
4. 染色体,遺伝子レベルでの倍数性とその進化的意義
 

参加・発表の申込み

年会への参加および発表の申込みは昨年と同様、WEBページを通じて行っていただく予定です。4月中には染色体学会ホームページ内の年会案内に参加・登録方法を掲載いたします。申込みの受付開始は7月上旬、締切りは9月上旬を予定しております。
年会概要、会場案内、交通アクセス、その他について、情報は染色体学会ホームページ内の年会案内でご覧いただけます。
 年会準備委員会    
  委員長         岩坪美兼(富山大学大学院理工学研究部)
  委員        兼本 正(富山県中央植物園)
            唐原一郎(富山大学大学院理工学研究部)
                          久保田宗一郎(東邦大学理学部)
            志内利明(富山県中央植物園)
            谷口研至(広島大学大学院理学研究科)
                           中田政司(富山県中央植物園)
            山本将之(富山大学大学院理工学研究部)
   相談役    池内達郎(染色体学会理事長)
            福井希一(大阪大学大学院工学研究科

年会準備委員会事務局
     富山大学理学部生物学科内 
〒930-8555 富山市五福3190 
     電話:0764456628  FAX0764456549
     E-mail: chromo @ sci.u-toyama.ac.jp