ホームホーム年会案内ジャーナル入会方法ご意見・ご質問は現在作成中です関連リンクは現在作成中です
本文へジャンプ
入会について
学会活動、学会ホームページについてのお問い合わせは、下記の学会事務局までお願いします。
e-mail:
hitochromo@mgs.k.u-tokyo.ac.jp


更新日:2012年11月27日

Chromosome Science論文賞 受賞者   (2009年〜2011年度発行分を対象)

 下記3編が選ばれ、第63回染色体学会年会(旭川市)において授賞式が行われました。

 

An X-chromosome RNA-binding motif protein (RBMX) is required for proper kinetochore formation. Chromosome Science 14 (1&2): 17-21 (2011).

  Mei Hann Lee, Linyen Lin, Hideyuki Takata, Akihiko Morimoto, Susumu Uchiyama,

  Sachihiro Matsunaga and Kiichi Fukui



Homology of two alien chromosomes during meiosis in wheat. Chromosome Science 14(3&4): 45-52 (2011).

  Seong-Woo Cho, Yosuke Moritama, Takayoshi Ishii, Masahiro Kishii, Hiroyuki Tanaka,

  Amin Elsadig Eltayeb and Hisashi Tsujimoto



Mitotic chromosome coating spheres, MiCCS: Distinguished components of RNA molecules surrounding mitotic chromosomes in mammalian cells. Chromosome Science 13(3&4): 35-43 (2010).

  Marin Chiba and Hideyuki Tanabe


 

  染色体学会賞は1991年に牧野賞としてもうけられました。その後1996年に染色体学会賞の名称に変更されました。

 2012年度(第63回) 染色体学会賞受賞者

               対象者なし

過去の 染色体学会賞受賞者

2011年度

黒岩麻里(北海道大学大学院理学研究院)哺乳類および鳥類における性染色体と性決定機構の進化研究

2009年度

若生俊行 ((独)農業生物資源研究所)三次元画像法による植物染色体におけるヒストン翻訳後修飾の動態解析

2008年度

長岐清隆(岡山大学資源生物科学研究所)植物の動原体構成要素の解析

2008年度

内山進 (大阪大学大学院工学研究科)ヒト染色体のプロテオーム解析に関する研究

2005年度

小野教夫(理化学研究所中央研究所) 染色体の構築と分離におけるコンデンシンの役割

2003年度

国府方吾郎 (国立科学博物館筑波実験植物園) ソテツ目植物の分子細胞分類学的研究

2001年度

近江戸伸子 (神戸大学発達科学部) 高感度可視化法による植物染色体の分子細胞学的研究

2000年度

星良和 (九州東海大学農学部) 分子細胞学的手法によるモウセンゴケ科の分散動原体

1999年度

藤原篤志 ((独)水産総合研究センター養殖研究所) サケ科魚類の雑種致死に関する分子細胞遺伝学的研究

1999年度

宮本旬子 (鹿児島大学理学部) 分子細胞学を用いた被子植物の数分類群の染色体解析

1997年度

久保田宗一郎 (東邦大学理学部生物学科) メクラウナギ目の染色体放出に関する分子細胞遺伝学的研究

1996年度

入船浩平 (県立広島大学生物資源学部) 植物染色体における高頻度反復配列の解析

1995年度

高井明徳 (大阪信愛女学院短期大学人間環境学科) 魚類の染色体進化と種分化に関する細胞遺伝学的研究

1994年度

立野裕幸 (旭川医科大学医学部) 哺乳類配偶子・初期胚染色体研究法の開発・改良とその応用

1993年度

吉田光明 (放射線医学総合研究所緊急被ばく医療研究センター) 

ヒト腎細胞癌の発生における第3番染色体単腕部分欠失の役割

1992年度

黒尾正樹 (弘前大学農学生命科学部) サンショウウオ科の種分化に関する細胞遺伝学的・分子遺伝学的研究

1991年度

日詰雅博 (愛媛大学教育学部) 蛍光分染法による裸子植物染色体の研究